神戸市垂水区のインプラント治療ができる歯科医院、かなずみ歯科の入れ歯

入れ歯

入れ歯にお悩みの方へ

「入れ歯を使っているけど、噛み心地が悪い」
「入れ歯を検討しているけど、違和感があると聞いたのでちょっと不安…」

そのような悩みをお持ちの方は、是非当院にご相談ください。
噛める、話せる、痛くないを実現した快適な入れ歯をご提供いたします。

また、当院では患者様の症状、ご要望に適した治療法をご提案しております。ケースによっては入れ歯だけでなく、インプラントとの組み合わせも可能です。

入れ歯のメリット

  • 健康保険が適応されるので比較的費用の負担が少ない(材料による)
  • 短期間で入れ歯を作製することができるため、咀嚼機能の回復が早く行うことができる
  • 取り外しができるため、入れ歯の清掃が簡単にできる

総入れ歯

総入れ歯

歯を全て失った場合、総入れ歯による治療となります。総入れ歯は、その方の顎に合った形をしていないと、不安定になり、痛みを感じたりします。また、柔らかい歯茎の上に乗せるため、型をとることも難しい技術の一つです。

保険が適用される総入れ歯はレジン床のものになります。
現在は、保険適用外の総入れ歯なら義歯床の材質を変えることで、より安定した総入れ歯を製作することが可能です。

  特徴
レジン
(保険適応)
  • 義歯床がプラスチックでできているため、分厚くなりやすく、違和感が出やすい
  • 保険適応なので安価で作製できる。修理がしやすい
金・プラチナ
  • 人体との親和性が高く安全な金やプラチナを主材料とした合金
  • しっかりした作りであるため、ぴったり合いやすい。心地よい装着感
ゴールド
  • 人体との親和性が高く、腐食による変色がおきにくい
  • 金の使用により美しい輝きが実現できる

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、歯槽膿漏などで歯を失ったところに人口の歯がついた床(土台となる部分)を乗せ、残った歯にバネ(クラスプ)をかけて固定させるというものです。保険適用の部分入れ歯は、レジン(プラスチック)床になります。
部分入れ歯は、歯が1本でも残っていれば対応することができます。ブリッジより、バネをかける歯を削る量が少ないこともメリットの一つです。

一方、バネが見えてしまったり、装着時に違和感を感じるなどのデメリットがあります。
保険外治療には、バネが付いていないものや金属床など、様々な種類があります。

  特徴
レジン
(保険適応)
  • クラスプという金属のバネを歯にひっかけるため、見た目が悪くなってしまう
  • 義歯床がプラスチックでできているため、分厚くなりやすく、違和感が出やすい
  • 保険適応なので安価で作製できる
金・プラチナ
  • 人体との親和性が高く安全な金やプラチナを主材料とした合金
  • しっかりした作りであるため、ぴったり合いやすい。心地よい装着感
チタン
  • 人体との親和性が高く、安全
  • 口の中で金属臭がすることはほとんどない

▲ページトップへ戻る

Clinic Information

かなずみ歯科は兵庫県神戸市垂水区の歯科医院です。
インプラントをはじめ、患者様とのインフォームド・コンセント(説明と同意)を 大切にしております。

所在地
〒655-0031 兵庫県神戸市垂水区清水が丘3丁目6-12
診療時間
  • 平日 9:00~13:00 / 14:00~18:00
  • 土曜日 9:00~13:00
  • 休診日 土曜日午後・日曜・祝日
診療科目
一般歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・矯正歯科

兵庫県神戸市垂水区でインプラント治療ならかなずみ歯科

Copyright©Kanazumi Dental. All rights reserved.