神戸市垂水区の歯列矯正治療ができる歯科医院、かなずみ歯科のマウスピース矯正

マウスピース矯正

  • HOME
  • マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正について

マウスピース矯正は、「アライナー」というマウスピース矯正装置を使用します。装置が透明で見た目が気にならないので、人に矯正治療をしていることを知られたくない方や、仕事柄装置が見えるのを避けたい方におすすめの治療方法です。

また、表側矯正などのワイヤーを使用する矯正治療で感じられるような、しめつけた痛みが少ないのもマウスピース矯正の特徴です。

食事と歯磨きの際は装置を取り外せるので、食べ物が装置と歯の間に挟まったり、歯が磨きにくいといった煩わしさがありません。歯とアライナーをしっかりお手入れできることで、お口の中の衛生面が保たれ、虫歯や歯周病のリスクが減ることは大きな利点といえるでしょう。

しかし、装置を自分で取り外せることがメリットといっても、歯を動かすために決められた装着時間があります。取り外している時間が長いと、その分治療時間も長くなるので注意が必要です。

メリットとデメリット

メリット
  • 装置が透明なので目立たない
  • 装置の取り外しが可能
  • 金属アレルギーでも装着できる

デメリット

  • 取り外し可能だが、外している時間の長さと共に治療期間が長くなる
  • 治療できる症例に限りがある

マウスピース矯正治療の流れ

Step1 治療の説明

治療を始める前に、担当歯科医師が患者様のお話を聞き、マウスピース矯正治療についてご説明します。

Step2 精密検査

口腔内の診査、レントゲン撮影、歯の型採りの検査を行い、診断結果をご説明します。

Step3 歯の型取り・アライナーを制作する

マウスピース矯正の装置を「アライナー」といいます。患者様の歯の型を採り、アライナーを作成します。

Step4 治療開始

装置が完成したら、いよいよ治療開始です。患者様は一日に必要な時間アライナーを装着し、歯が移動したら新しいアライナーと交換していただきます。治療中は定期的に通院していただき、担当歯科医師が患者様の歯列の進行状況の確認などを行います。歯が予想した通りに動いていない場合はその処置を行います。

Step5 治療完了

計画した歯列になれば、歯を移動させる矯正治療は完了です。しかし、矯正で移動させた歯は、そのままにしていると自然に治療前の位置に戻ろうとします。これを「後戻り」といい、後戻りを防ぐために装着する装置を「リテーナー(保定装置)」といいます。歯を保定する期間はとても大切で、数ヶ月に1回程度の通院と歯並びの確認が必要となります。

※患者様によって治療時間や通院回数が異なりますので、診療の際にご説明いたします。

マウスピース矯正治療のよくある質問

マウスピース矯正とはどんな治療ですか?
ワイヤーやブラケットを使用せず、透明なマウスピースを使用して歯を動かす矯正治療です。
マウスピース矯正装置「アライナー」は透明で目立たないので、矯正治療をしていることを気づかれたくない方などにおすすめです。
マウスピース矯正中の食事は不便ですか?
アライナーは自分で取り外すことができます。そのため、装置が外せない他の矯正治療とは違い、食べ物が装置と歯の間に挟るなどの煩わしさがなく、食事を楽しむことができます。
歯磨きはしっかりできますか?
歯磨きの際もアライナーを取り外します。デンタルフロスや歯磨きがしっかりできるので、お口の中を清潔に保てるのもマウスピース矯正の利点です。
アライナーのお手入れは必要ですか?
ご自身の歯をお手入れするのと同様に、アライナーのお手入れも必要です。その際、歯ブラシで磨いたり、専用の機器で洗浄するなど、お手入れの方法は患者様によって様々です。
治療期間はどのくらいですか?
患者様の年齢、症状などによって治療期間が異なります。また、アライナーを外している時間が長引くと、その分、治療期間も長引きます。詳しくは担当歯科医師にお尋ねください。

▲ページトップへ戻る

Clinic Information

かなずみ歯科は兵庫県神戸市垂水区の歯科医院です。
インプラントをはじめ、患者様とのインフォームド・コンセント(説明と同意)を 大切にしております。

所在地
〒655-0031 兵庫県神戸市垂水区清水が丘3丁目6-12
診療時間
  • 平日 9:00~13:00 / 14:00~18:00
  • 土曜日 9:00~13:00
  • 休診日 土曜日午後・日曜・祝日
診療科目
一般歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・矯正歯科

兵庫県神戸市垂水区でインプラント治療ならかなずみ歯科

Copyright©Kanazumi Dental. All rights reserved.