神戸市垂水区のインプラント治療ができる歯科医院、かなずみ歯科の審美歯科

審美歯科

失った歯、傷ついた歯を修復する「補綴治療」

歯の欠けたところや、失ったところを修復する治療を補綴(ほてつ)治療といいます。
かぶせ物、ブリッジ、入れ歯などの人工的な素材を使い、口の中の状態や歯並びを改善し、 見た目や発音、咀嚼機能を回復させることが補綴治療の目的です。

補綴治療の種類

クラウン(かぶせ物)

虫歯治療などで歯を削った後に被せる人工歯をクラウンといいます。

硬質レジン前装冠

保険適応のクラウン
前歯には「硬質レジン前装冠」と「CAD/CAM冠」が保険適応となります。
前者は金属の被せものに外側から見える部分のみレジン、いわゆるプラスチックを張りつけたものです。後者はハイブリッドセラミックといって、レジンにセラミックの微粒子を練り込んだブロックを歯の形に削り出したものです。
奥歯には「CAD/CAM冠」が保険適応となりますが、保険適応にならない奥歯もあります。
院内で製作が可能です。
保険適応外のクラウン
保険適応外のクラウンは様々なものがあります。金属を使わない「オールセラミッククラウン」は金属アレルギーの方にも安心です。審美性が高いものの強度はやや劣ります。最先端のものでは、人工ダイヤモンドと呼ばれる、強度と美しさの両方を兼ねそろえたジルコニアの被せものがあります。
料金表はこちら

ブリッジ

ブリッジは、歯が抜けてしまった場合、抜けた歯の両隣りの歯を削って土台を作ります。ここに橋渡しをするように人工歯をかぶせることで、欠損部分を回復させます。

オールセラミックブリッジ

保険適応のブリッジ
ブリッジの保険適応範囲は欠損した歯の本数などによります。保険適応のブリッジなどの場合、一部の歯しか白い歯(硬質レジン前装冠)にすることができず、あとは金属の歯になります。また、当院では前歯のみの適応となります。
保険適応外のブリッジ
保険適応外なら「メタルボンドブリッジ」や「ジルコニアブリッジ」などで全て白くすることができます。変色せず、強度に優れた美しい材質です。
料金表はこちら

入れ歯(義歯)

歯を失った部分に装着し、取り外しができる床のついた装置です。

保険適応の入れ歯
保険適応されるのは、義歯床がレジン(プラスチック)でできているもののみです。厚みがあるため違和感が強いのが特徴です。
保険適応外の入れ歯
コバルトクロムやチタンなどがあります。保険で作られたものに比べ、強度が有り薄いのでお口の中の違和感が少なくなります。又、クラスプ(針金を使わない入れ歯)があります。全く歯や顎の骨が無くてもインプラントと組み合わせることによりガタつきのない安定した入れ歯になります。
料金表はこちら

Case.1 補綴治療の症例

インプラント治療を希望で来院された患者様です。奥歯を3本抜歯した後、インプラントを埋入しました。かぶせ物が欠けたり、境目が合わなくなった歯はジルコニアクラウンにやり変え嚙み合わせも改善され見た目もとても美しくなりました。

治療前
補綴治療の症例 補綴治療の症例
補綴治療の症例

治療後
補綴治療の症例 補綴治療の症例
補綴治療の症例

Case.2 補綴治療の症例

むし歯の治療希望に来院された患者様です。奥歯はむし歯を除去し、セラミックインレーを装着しました。前歯上下ともにむし歯が大きく、かぶせ物にする必要があった為根管治療(歯の神経を抜く治療)を行いジルコニアクラウンにて修復しました。

治療前
補綴治療の症例 補綴治療の症例
補綴治療の症例

治療後
補綴治療の症例 補綴治療の症例
補綴治療の症例

Case.3 補綴治療の症例

入れ歯+インプラント症例
かぶせ物が取れたので、新しいかぶせ物と義歯を入れたいと来院された患者様です。しかし重度のむし歯と歯周病でほぼ全ての歯を抜歯することになりました。歯周病で失った顎の骨は骨造成手術(GBR)を行いインプラント埋入手術を行いました。インプラントに義歯の維持装置をつけることで、外れにくいガタつきの無い義歯で快適な食事が可能となり見た目も大幅に改善されました。

治療前
補綴治療の症例 補綴治療の症例
補綴治療の症例

インプラント埋入
入れ歯・インプラント症例 入れ歯・インプラント症例

治療後
補綴治療の症例 補綴治療の症例
補綴治療の症例

セレック

セレック治療の流れ

スキャン

スキャン

小型カメラでお口の中をスキャン(撮影)します。
従来の型取りの不快感を味わうことなく、
お口の中の歯がモニターに映し出されます。

スキャン

これは実際に、左上インレーの形成を行い
口腔内スキャンした画像です。

設計

設計

モニター上で、あらゆる角度から噛み合う部分や形を微調整して患者様固有の理想的な歯の形を設計します。
歯のデザインができたら、さまざまな色のセラミックブロックから最も適した色のものを選びます。

作製

作製

設計データをトリミリングマシーンに転送し
即座にセラミックブロックを削り出します。

セット

セット

セラミックインレーをセットします。
セット後は咬み合わせの調整をして終了です。

CEREC治療の症例

Case.1

メタルの下に二次むし歯があった為、被せ物を除去し虫歯を取り除いた後口腔内スキャナーで撮影を行い、セラミックインレーで修復しました。

治療前
CEREC治療の症例

治療後
CEREC治療の症例
費用(税込)  261,800円
〈内訳〉  セラミックインレー(院内) 38,500円×3本
ファイバーコア+仮歯(外注) 36,300円
ジルコニアクラウン(院内) 110,000円
患者の主訴や症状 知人の紹介で来院 被せ物のやり変え希望
治療の内容や方法 左下3本メタルインレーの下に2次むし歯が起こっていた為
メタルインレー・むし歯を除去し、セラミックインレーをセット。
残りの1本は神経を抜く治療が必要であった為、根管治療を行い
コアを立て、院内にてジルコニアクラウンを製作しセットしました。
リスク 保険がきかない自由診療
むし歯が深い場合は他の治療と同様に痛みが出る場合がある
治療回数・治療期間 セラミックインレーセットまで 通院回数 2回
ジルコニアクラウンセットまで(根管治療含む)治療期間 約7ヶ月

Case.2

手前の2歯をメタルインレーからセラミックインレーに奥の2歯はフルメタルクラウンからメタルボンドに修復し見た目もとても綺麗になりました。

治療前
CEREC治療の症例

治療後
CEREC治療の症例
費用(税込)  293,000円
〈内訳〉  セラミックインレー(院内) 38,500円×2
メタルボンド(外注) 108,000円×2
患者の主訴や症状 他院にて治療を受けていたが、かみ合わせが悪く当院へ
治療の内容や方法 メタルですり減ってしまった歯をセラミック・メタルボンドで修復
リスク 保険がきかない自由診療
むし歯が深い場合は他の治療と同様に痛みが出る場合がある
治療回数・治療期間 セラミックインレーセットまで 通院回数2回
メタルボンドセットまで 通院回数3回

Case.3

治療前
CEREC治療の症例

治療後
CEREC治療の症例
費用(税込)  572,000円
〈内訳〉  ジルコニアインレー(外注) 143,000円×2
ジルコニアクラウン(外注) 143,000円×2
患者の主訴や症状 咬み合わせが悪い・知人の紹介で当院へ
治療の内容や方法 メタルで歯が擦り減りかみ合わせが悪くなっていた為
メタル除去後、ジルコニアで修復
リスク 保険がきかない自由診療
むし歯が深い場合は他の治療と同様に痛みがでる場合がある
治療回数・治療期間 ジルコニアインレー・ジルコニアクラウンセットまで 通院回数2回

銀歯がもたらす影響をご存知ですか?

実は銀歯をはじめとする歯科金属は
審美面や安全面でさまざまな悪影響を及ぼします。
最近では新聞記事や週刊誌でよく取り上げられる話題でもあります。

・白い歯の中で金属の銀色が目立ってしまう
・お口の中で溶けてイオン化し、金属アレルギーの原因になる
・イオン化した金属が、歯ぐきを黒ずませる
・口腔内に※ガルバーニ電流を発生させる要因になる
・天然歯より硬い材質のため、噛み合う歯を傷めてしまう
・2次むし歯になりやすい
(→銀歯が帯びている電荷に細菌が吸着する)
・歯を失う原因になる

※ガルバーニ電流とは
口腔内に2種類以上の金属がある場合、唾液を介して接触し微弱な電流が流れることがある。
不整脈、頭痛などの原因になるリスクがある

保険診療で認められている金属ですが、安い以外にメリットはないのです。
世界の歯科治療に銀歯が使われているのは日本だけです。
当院ではメタルを使用しない治療を推奨しております。

CEREC治療の症例

CEREC治療の症例

ホワイトニング

ホワイトニング

白い歯は美しい笑顔を作り、口元に大きな自信をもたらします。

ホワイトニングとは、毎日のブラッシングでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法のこと。

治療法は、歯科医院で作製したマウストレーに専用のジェルを塗り、ご自宅で1日2時間程度、装着することによって歯を白くします。
これを「ホームホワイトニング」といいます。
くつろいでいる時や寝ている間にも装着できるので、お手軽にホワイトニングをお試しいただけます。
個人差はありますが、約2~3週間で効果が表れます。歯を削ることなく、化学作用によってホワイトニング効果を実現します。

ホームホワイトニングの流れ

Step1 治療説明

インフォームド・コンセントを行いホワイトニングについて注意事項の説明をします。
口腔内撮影用カメラでホワイトニング前の状態を記録します。

Step2 診断・診査、マウストレーを作製

口腔内全体の診査をして、ホワイトニングの適応症かどうか判断します。
ホワイトニングする歯列の歯型を採り、マウストレーを作製します。

Step3 前処置

ホワイトニングの前処置として口腔内全体の除石、掃除を行います。
マウストレーに専用のジェルを注入し、口腔内に入れて試してみます。

Step4 ホワイトニング開始

ホワイトニング前の状態で色の診査を行い、色調を記録します。マウストレーをお渡しし、ご自宅でのホワイトニングが始まります。
自宅でお好きな時間に、1日2時間程度マウストレーを装着してください。メンテナンスとして1~2週間に1度、ご来院ください。

▲ページトップへ戻る

Clinic Information

かなずみ歯科は兵庫県神戸市垂水区の歯科医院です。
インプラントをはじめ、患者様とのインフォームド・コンセント(説明と同意)を 大切にしております。

所在地
〒655-0031 兵庫県神戸市垂水区清水が丘3丁目6-12
診療時間
  • 平日 9:00~13:00 / 14:00~18:00
  • 土曜日 9:00~13:00
  • 休診日 土曜日午後・日曜・祝日
診療科目
一般歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・矯正歯科

兵庫県神戸市垂水区でインプラント治療ならかなずみ歯科

Copyright©Kanazumi Dental. All rights reserved.